早春の霞ヶ浦遠征〜プリスポーンはバスだけじゃなかった、、3日目




皆さまこんばんは。

記事を書く手が理由は分かりませんが重い、、、YASUです。笑

遅くなりましたが3日目の記事を書いております。

霞ヶ浦遠征のバス探しの旅、早くも3日目に突入してしまいましたがポイント巡りは続きます。笑

1、2日では廻れない程霞ヶ浦水系は本当に広大なフィールドですね!

今日のメインは北浦方面になります。

それでは行ってみましょう!

鰐川橋西岸からスタート

3月23日 最高気温 14℃ 最低気温 5℃ 風向 北東〜西南西 2〜5m/s

あまりにも釣れないので嫁(WAKA)と作戦会議した上で鰐川西岸からスタートしました。

広大なシャローフラットエリアは水通しも良いのでフィーディングエリアになるとの情報有り。

冬バスで有名なスポットの鰐川橋西岸のテトラ帯(南側)はあえてスルーしフィーディングバスがいる事を信じて朝マヅメはOSP ルドラ ミディアムスローフローティングを投げ倒します。

 

、、、はい。華麗なるスルーです。笑

春バスを意識しすぎてまたポカしてしまいました。

気を取り直して移動します。

前川エリアは平日でも人気

年中人気の前川エリアに足を進めます。

大人気スポットは平日でもやっぱり人気ですね。

一年中プレッシャーがかかりっぱなしのバスはなかなか反応を見せてくれません。

朝夕のゴールデンタイムorカバーに潜んでいるバスは狙い目なのですが、、、。

気になる有望ポイントをラン&ガンします。

風も当たって良好なポイントなのは間違い無いのですが、、なんせ魚っ気が無いのデス。

ヒントを頼りに北浦西岸へ

釣行前の作戦会議と情報収集で出た答えは、、『シラウオパターン』&『ワカサギパターン』

霞初心者と言っても過言ではない僕らには聞きなれないフレーズですが、、簡単に説明するとウィンディーサイド(風の当たる場所)にはベイトが集まる!という事のようです。

郷に入っては、、という事でウィンディーサイドを攻めていきます。

風が強く吹いてきたタイミングで北浦西岸へエントリー。

レインウェアが必要なぐらいの波飛沫ですね。

多少荒れているぐらいがいいみたいなのですが、、なかなか辛い正面からの波と風。

これを乗り越えればきっと会える!なんてサバイバル精神を燃やしているとOSP ヴァルナのヨタ巻きでいきなりヒット。笑

嬉しさのあまり強引に引っこ抜こうとするとスッポ抜けシマシタ。貴重な今年初の霞バス、、。

あぁ、、、。

 

と悔やんでいても魚は釣れないので再開します!

ラン&ガンでOSPの阿修羅ヴァルナ SPEC2ルドラ、エバーグリーンのフェイスを投げ倒していると、、風も次第に強くなってきました。

鳥様も行列で小魚待ちです。

少し見辛いですが大行列です。やっぱり鳥のいる場所にはベイトが集まっている!のか。

テンションも上がって巻いてみるも、、、悲しい現実です。

今年初のあの方に遭遇

風の当たる護岸を隅々までチェックするも音沙汰無し。

護岸際や変化のある場所をチェックしながら進んで行くと漁港の水門に到着。

やっぱり水門の中には投げたくなります。

一投目でガツン!!とロッドを叩かれたような衝撃が。

このバイトと引きずりこまれるような引きはまさか、、。

 

やっぱり。キャット様でございました。

あまりにも貫禄があり過ぎる魚体だったのでパシャリ。

※苦手な方は写真を見ずにスルーしてくださいね!

プリスポーン!???

あなたフグとのミックス魚ですか?てツッコミを入れたくなる程の腹パン状態。笑

ランディングネットが本気で折れるかと思いました。

ていうかアナタじゃないんですよ会いたかったのは。笑

でもありがとう。久しぶりのナイスファイト。

ヒットルアーはOSPのヴァルナだったのですが、、口に入るサイズじゃないのによく食ってきたな。

石積みエリアもチェック

北浦に来たので毎度恒例の石積みエリアもチェックしていきます。

霞名物の『タマネギ』はルアーチョイスを失敗すると確実にロストしてしまうので要注意ですね!

ワームで攻める際もタマネギや石積みの間にシンカーが挟まり易いので油断していると持って行かれます。。

一通りチェックしているとまた風が吹き始めたのでポイント移動しました。

前日の有望ポイントに再チャレンジ

東よりの風が吹き出したタイミングで北浦西岸へ移動しましたが不発。。

前日水質の良好だった常陸利根川へ再度チャレンジしましたが、、、聞かないでください。笑

激濁りだった与田浦の千本杭エリアにも再度アクセスしてみましたが

異常無しです!!笑

もっと新規開拓ポイントを増やすハズだったのですがもう余裕がゴザイマセン。可能性がありそうな自分の行き慣れたポイントをループしてしまうと言う負の連鎖に陥ってしまいました。

気づいた頃には夕マヅメ。最後は朝と同じ鰐川のシャローエリアを探索して終了となってしまいました。

まとめ

3日ボウズです!!霞水系のバスはどこに行ってしまわれたのでしょうか。

って思ってしまうぐらい今回は悲惨な釣果です。3日目にしてキャット1匹のみ。。。泣

色々リサーチして行ったつもりがそう簡単にいかないのがバス釣りの難しさですね!と言うより自分の腕が、、、なんて事は身に染みております。笑

あと1日、、頑張ります(´・_・`)

4日目へ進む方はコチラから

早春の霞ヶ浦遠征~今年初の霞バスにやっとご対面、、、4日目の最終日とまとめ

2018.03.26








【Basser’s Note】からのおすすめ商品!!

釣りビジョン・ルアーマガジンで話題沸騰中で、バスプロの伊藤 巧さんも愛用している『車中泊専用マット』の広告がBasser’s Noteに届きました。準備も楽で節約にもなるこの『車中泊専用マット』は釣りだけでなくキャンプなどのレジャーシーズンにも超おすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Basser's Note管理人、YASU(旦那)です。WAKA(嫁)と二人で関東地方を中心に、川、野池などおかっぱりで釣り歩いています。ワケあって約10年のブランクを経て復帰しました!なんでも釣りの事に繋げてしまう変態アングラーです。 釣りに関する便利な情報や釣り以外でも、暮らしに役立つ情報があれば配信していきたいと思います。