早春の霞ヶ浦遠征~今年初の霞バスにやっとご対面、、、4日目の最終日とまとめ




皆さまこんばんは、、Basser’s Note(バサーズノート)管理人のYASUです。

遅くなりましたが、、今回は霞遠征最終日にやっ、、、、と念願のバスと出会うことが出来ました!長かった、、。笑

因みに最終日のルートは利根川水系をメインに寄り道しながら釣りをしながら帰る〜といった感じです。

霞遠征の反省点もまとめていますので良かったら読んでみて下さいね!

それでは行ってみましょう!

黒部川からスタート

3月24日 最高気温 15℃ 最低気温 6℃ 風向 北〜北東 0〜4m/s

最終日は黒部川からスタートしました。

さすがに土曜日だと人気スポットは朝から争奪戦です。6時前に到着したのに早くも先行者3名。

一級ポイントの橋脚はおさえられているので反対側の岸際からディービルシャッド SR 5.5g 青虎ソウルシャッド チャートバックグリッターで広範囲にサーチ。

魚っ気があると早めに答えが帰ってくる有望なポイントなのですが今日は釣れる気配ゼロです。

周りのバサーさんも釣れていない様子なので見切りをつけて移動しました。

小見川閘門もチェック

水質の良かった常陸利根川に行く前に水門をチェック。ハイシーズンになるとボートの往来が激しくプレッシャーが高いイメージがありましたが。行ってみると意外と良さそう。ベイトっ気もあります。風も少し吹いていたのでハイピッチャーONETEN Jr. で素早く探りましたが反応は得られず。

ハードボトムで尚且つ水の通り道になるのでタイミングが合えばイケるかも、、って考えは少し甘かったみたいです。

もう少し暖かくなれば魚も付きそうですね!

ボートが出入りする前の朝マヅメはチャンスかも、、。

常陸利根川へ移動

またまたやってきました常陸利根川。笑 今日は北よりの風なのでウィンディーサイドの南岸を上ってきました。いつもは必ずアングラーがいる橋の下ポイントですがたまたま空いていたので投げてみることに。

シラウオとワカサギ(多分)が護岸沿いに集まっていました。かなり良さそう。

橋脚に擦りつけるようによたよたジャークをさせているとポーズ時に『ググンッ!』と魚の感触が!!

やっと来たーー!!!!と高ぶる気持ちを押さえながら慎重にランディング。

ヤリマシタ!

そんなに大きくはないですけど今回の遠征の貴重な一匹です。

かなり引いたのでもっとサイズが大きいのかなと思っていましたが。

36cmないぐらい。

荒食いしている感じではなさそうなスマートな個体でしたが、、本当に貴重なバス。感謝です。

因みにヒットルアーは先月初めて使ったエバーグリーンさんのフェイス。

今回の釣行ではロストを恐れてあまり投げていなかったのですが、何かとご縁があるみたいです。

ちなみに今年の初バスもこの方にお世話になりました。笑

【2月】晩冬のリザーバーで陸っぱり。春はもうすぐ?やっと出会えたバスが最高すぎた。

2018.02.24

水質良好+ベイトが多い好条件だったので追加を狙い常陸利根川を上っていきますが、、。

キャットらしきアタリが1回あっただけで追加ならず、、。

帰りの時間も近づいてきているので西へ進みます。

新利根川上流部へ移動

一気に西に進んで新利根上流域の破竹川まで上ってきました。

やっぱり人が多い人気スポットですね。カヤックを出している方もいました。

ハイシーズンは朝一から満員御礼になる程ですがインターセクションなだけあってベイトも多く回遊してくるバスも多いので粘れば釣果に繋がる可能性の高いポイントですね!

人が多いので巻物系を巻いたりする際は交差して絡まってしまった!なんてトラブルにならないよう注意が必要です。。

釣り人同士はもちろんですが駐車出来る場所も限られているので農家の方のご迷惑にならないように配慮する必要もありますね!

一通りチェックしてはみましたが今日は静まり返ってしまっているみたいなので更に上流を目指します。

綺麗な水が新利根に流れ込んでいるかなーり良さげなポイントもあったのでチェックはしてみましたが、、、、。異常はありませんでした。笑

見るからに澄んだ水が流れ込んでいる良さそうなポイントだったのですが、、。残念。

マヅメ時にフィーディングエリアになりそうですね!

ここから更に上流(ほぼ最上流)のエリアで少年が杭打ちでナイスなバスをゲットしていました。付く場所にはしっかり付いてマスね。

そんなこんなしている間にタイムリミット。納竿となってしまいました。

全然釣れていないですがやっぱり楽しかった!!霞水系はホントにワクワクさせてくれますね!

今回の霞水系遠征の反省点

そりゃもうたくさんありますが、、笑 釣果に繋がらなかった反省点を少しまとめてみました。

1.ミノーやスピナーベイト等の定番ルアーに執着しすぎた、、

春に強い!って言われている王道のパターンに執着しすぎて状況判断が疎かになっていたと思います。今となってはですが、、状況に応じて冬の釣りにシフトしていく必要があったのかなぁ、と。ピンスポットではしっかりワームやタイトにアプローチできるタックルに持ち替えるのも1つの手段だったと思います。、、だって春爆したいじゃあないですか。笑

2.水質ばかり見て水温を考えていなかった。

いつも水質、水温を気にしながら釣りをしているのですが今回は水温をあまりチェックしていませんでした。

春の釣り(特に三寒四温)の間では濁っているエリアの方が水温が温まり易いので有効になる事もあるようですね。勉強になります。

CHECK OSP プロスタッフレポート 春バス攻略の秘訣

OSPさんのプロスタッフレポートはとても細かく書かれているので勉強になります。

そしてこちらの並木プロの動画では激濁りのエリアで春バスをじゃんじゃん釣っています。流石です。

3.色々なポイントを回りたいが為に大事なポイントを取り逃した

霞水系に行くと大抵こうなります。笑 年に数回行けるか分からないのでやっぱり沢山回りたい。。。

次のポイントの事ばかり考えてしまうのでせっかくの好ポイントも状況を判断する前にポイント移動してしまったり、、結構もったいない事をしているのかもしれません。

ラン&ガンは大切ですが何も考えずにポイント移動をするのは要注意ですね!次から気をつけよう。。

 

反省点を上げればキリがありませんが、大所はこんな感じでしょうか、、。アドバイス、、、お待ちしております。笑

今回の遠征時の預かり品?

我が家に到着しゴミ箱を見るとこんな感じになっていました。全部巻物系ルアーが引っ張ってきてしまったルアーやラインです。

根掛りしてルアー回収機を使って回収した際に一緒に付いてきたルアー達がこんなに、、、、、。

あれ?これって俺のじゃね?って方!連絡お待ちしております。笑

連鎖的に根掛りしてしまう場所も多いのでやっぱりルアー回収機は必要ですね。おかげ様で今回の遠征はほぼルアーロスト無しで帰還することが出来ました。

もっていない方は2、3回ルアーを回収できれば元は取れるので持っておいて損は無いですよ!

まとめ

今回の遠征も悔しい結果になってしまいました。春爆のお話ができたらなぁなんて考えは甘かった。。。

ですが本当に霞水系は毎回行く度に状況が全然違うので何回行っても新鮮な感じがして楽しませてくれますね。

次回はもっとスキルアップして釣果に繋げて行けるよう、、頑張ります!

これから遠征予定の方は僕達の代わりに春爆してきて下さいね!

それでは皆さま、良い釣りを(´◡`)

 

今回の霞遠征の関連記事はコチラ 

 

YASU side

【3月】早春の霞ヶ浦へプリスポーンのビッグママを求めて旅に出る~1日目

2018.03.21

早春の霞ヶ浦遠征〜スポーニング有名ポイントを巡ってみるものの、、、2日目

2018.03.23

早春の霞ヶ浦遠征〜プリスポーンはバスだけじゃなかった、、3日目

2018.03.24
WAKA side

春のバス釣り霞ヶ浦遠征1日目 〜3月は春と思いきやまだまだ冬だった編〜

2018.03.21

【反省文】3月の霞ヶ浦で4日連続ボウズの私が、なぜバスが釣れないのかを考えてみる(笑)

2018.03.24










釣具を安く購入したい方必見!
おすすめアプリ『ヤフオク!』

YASUも愛用中のヤフオク。掘り出し物のルアーやタックルが安値で手に入っちゃいます。みんなもヤフオクでGETしよう!





伊藤巧も愛用中!
車中泊専用マット

釣りビジョン・ルアーマガジンで話題沸騰中の『車中泊専用マット』。釣りだけでなくキャンプなどのレジャーシーズンにも超おすすめです!


2 件のコメント

  • ご無沙汰しています。Motoです。
    GWに霞水系行って来ました。久しぶりのバス狙い。1.5日で結果は相変わらずのNo Fish
    バラし1回でした。おっしゃる通り、狙いを定めてポイントを絞り込まないと移動だけでタイムロスですね。
    まぁ、今回は初めてのポイントを偵察もありましたのでヨシとしています。(釣れない言い訳)
    ちなみに・・・1日目:北浦の西側を北上〜本湖霞ヶ浦大橋付近 2日目:八間川〜横利根閘門付近〜与田浦北側〜常陸利根川牛堀〜前川〜鰐川と偵察してきました。次回は狙いを定めてタックルも吟味で行こうかと思っています。
    最近は渓流ばかりでしたが、やっぱりバスも楽しいですね〜!

    • Moto様。いつもコメントありがとうございます!
      この時期はプレッシャーも一気に高くなるのでなかなか狙い所が難しいですね!
      いつも思いますが初場所は釣れる気しかしない(最初だけ笑)のはなぜでしょうか。。笑
      霞ヶ浦羨ましいです!リベンジ、、、行きたいですね!
      渓流釣りも行きたいし海釣りも行きたい。
      色々とチャレンジしたい今日この頃です!!笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    Basser's Note管理人、YASU(旦那)です。WAKA(嫁)と二人で関東地方を中心に、川、野池などおかっぱりで釣り歩いています。ワケあって約10年のブランクを経て復帰しました!なんでも釣りの事に繋げてしまう変態アングラーです。 釣りに関する便利な情報や釣り以外でも、暮らしに役立つ情報があれば配信していきたいと思います。