【バス釣り】陸っぱりで使っている便利なオススメアイテム紹介




今回は陸っぱりで重宝しているオススメの小物関係を紹介していきたいと思います。

特に陸っぱりだと持って行ける量が限られてしまうので厳選しないといけません。

便利な物は沢山あるとは言えどアレもコレも持って行ってしまうと重過ぎて釣りどころでは無くなってしまいます。

その中でも実際使ってみて良かったものを紹介していきますので、まだ持って無いアイテムがあれば是非チェックしてみて下さいね!

使ってみてイイものはどんどん追加していきます。

陸っぱりで絶対必要な物とあると便利な物で分けて紹介していきますので気になる方はチェックしてみて下さいね!

もちろんバス釣りの陸っぱりだけでなく他の釣りでも使える便利なアイテムもいっぱいあります。

それでは行ってみましょう。

陸っぱり(釣り)をする上での必須アイテム

まずは必須アイテムを紹介していきます。コレが無いと本当に困る!って物を紹介していきますのでまだ持って無い方は要チェックです。

ラインカッター

ルアーを替えるのもリグを作り直すのにもラインを切る必要があります。さすがに『俺は歯で噛み切る!!』ってワイルドな事を言う人は極少数派と思いましたので必須アイテムの方に入れてみました。

プロの方がやっているからカッコイイ!!って真似をしないでちゃんとしたラインカッターを用意して下さいね!ハサミでも全然良いので。今回は自分も使っている持ち運びに便利な小さいタイプのものを紹介します。

コンパクトさでは一番ですね!切れ味も抜群です。なるべく持っていくものを軽くしたい人にオススメです。下で紹介しているピンオンリールと相性◎です。

ライン以外のものに使えないっていうのが唯一の欠点です。

ペンチ

ガン玉を潰したりスプリットリングを外したり針外しに使用したり。色々な用途に使用しますね!これが無いと本当に困ってしまいます。

種類が多く悩みだしたらキリがないですか陸っぱりならなるべく重量の軽い物をチョイスして肩の負担を減らす事をオススメします。

ものすごく軽いです。僕はスプリットリングを外す事が多いのでツメ付き【オープナー付】を使用しています。オープナー無しのストレートタイプや針が外しやすいようにベント形状になったタイプもあります。種類が豊富です。

PE対応のラインカッターも付いています。

悪い所があるとすれば形状がスリムなのでペンチ本来の潰す力には弱い、といった点です。とはいえスプリットショット等のガン玉なら普通に潰せますよ!

小物ケース

お店で買った針やオモリをパッケージのままバックに入れると結構行方不明になります。笑

釣りが初めての方やあんまりお金をかけられない方は100均の【ファスナーケース】が断然オススメですよ!小さめのケースをいくつか使って用途別に分けると収納上手になって探す手間も無くなります。そのうちの1つをラインやワーム等のゴミ入れにすると結構便利だったりしますよ!

道具が増えてきたら持っていくものを厳選する為のケースがあればもっと便利になります。

釣行前にパッケージから必要な分だけ取り出して入れておけばタックルバック内もスッキリですね!

メジャー

釣り人あるあるなんですが『バス釣れましたよ!』って話をすると1番最初に皆気になるのがサイズ。笑

どこで〜とか何のルアーで〜とかってのも勿論あるとは思いますが40UPや50UP、『ロクマル』って言う単語だけでリアクションバイトしてしまうのは自分だけでは無いハズです。

初めて大きなバスを釣ったのであれば尚更記念&記録は残しておきたいですよね!

メジャーを選ぶ際は幅広のモノがベストです。夏場は特に!!しっかり水に濡らした状態で計測してあげてください。※アツアツのコンクリ上での計測は魚体へのダメージが大きいので絶対にNGです。

因みに黄色い看板の中古釣具屋さんで買いました。ネットでは売っているお店が少ない、、。

CHECKレインズメジャー80

派手な色が好きな方にオススメですね!



陸っぱりであると便利なアイテム

こちらでは絶対持っておくべき!!とまでは言いませんがあるととても便利だと感じた物を紹介していきます。釣果アップに繋がる物もありますのでチェックしてみてくださいね。

ルアーキャッチャー

他の記事でも何回か紹介していますが本当に便利なので紹介します。

昨年も本当にお世話になりました。笑

1回正体不明の沈み物に頭の部分だけ持っていかれる事件があって買い直ししていますが、1年間で軽く50回以上は助けてもらいました。

ルアー1個1000円としても単純計算ルアーキャッチャー2つで年間5万円の出費を抑えられている訳デス。

それどころか根掛かり集合地帯で自分のルアー+2、3個ルアーを根こそぎ回収してくれた事もありました。

陸っぱりで1番泣きたくなる【ルアーロスト】の救世主は多少バックが重くなっても是非持って行くべきですよ!

トリプルフックのルアーならかなりの確率で回収してきてくれます。ロープ長さが15mなのでそれ以上の距離だと流石に届きませんが。。

注意点として、スピナーベイトやジグヘッド等の針がシングルの物はチェーンに掛かりにくいです。僕はチェーン部分に大きめのダブルフックを付けたりして回収率を上げています。他の障害物に引っかかりやすくなる為あまりオススメはしませんが、、。回収機まで持って行かれると本当に泣きたくなります。

シャープナー

使ってるルアーのフック、、、死んでいませんか?フックの先を爪の上で滑らせてツルツル滑るようだったら危ないかも。

ボックスに入れっぱなしだといつの間にか甘くなってしまっている針に気付かずせっかくヒットしても痛恨のフックアウト。。。

サビも放ったらかしにしておくと簡単に折れてしまいます。

こまめにチェックして必要であればその場で研いでしまいましょう。

注意点として、、研いだフックを濡れたままボックスに眠らせるとすぐに錆びてしまいますので釣行が終わったらしっかりと乾かして下さい。できれば新品のフックに替えてあげて下さいね!

そんなにホイホイ替えられない方は他のフック同士で錆が伝染しないようにフックカバーを付けると長持ちします。

針先の曲がりを直せるステンレスパイプ付き。

全く力を入れずに研げるので研ぎすぎに注意して下さい。

替えフック

1番よく使うサイズのトレブルフックはケースに忍ばせておいてもいいですね。状況に応じてダブルフックに交換するのもイイです。

ルアーキャッチャーでルアーを回収できた時によくあるのが針が伸びていたり折れていたり。

そのまま使うのは厳禁なのでペンチで戻したり新品のフックに交換してあげると確実に釣果アップに繋がります。

色々試しましたがダブルフックは最近これを使ってます。

よく使うルアーはこのフックに交換しています。超防錆で貫通性が損なわれにくいのが魅力的です。

ランディングネット

陸っぱりでよくあるのがビックバスがヒットして足元まで引き寄せたのに足場が高くランディングできない、、、と慌てている間に無念のフックアウト。

そんな展開にならないようにネットを持ち歩いていれば安心です。

手ではなかなかランディング出来ないようなコイやナマズがヒットした時も助けてくれますよ。

去年はランディングネット無かったらこのシーバスやコイは間違いなくランディング出来んかった。。

【8月】霞ヶ浦遠征! サムルアーズで爆釣!?

2017.08.13

ちなみに今ではこの方を愛用中です。そんなに値段が高くない点も嬉しいです。

柄の部分で3mもあるので足場が高くても大丈夫ですね!

偏光サングラス

目を保護してくれるだけでなく水の中が見え易くなる、それだけで釣りの選択肢が広がりますね!

サイトフィッシングに挑戦してみたり、見えなかった障害物が見えてアプローチを変えてみたり、ベイトが見えるようになってルアーのサイズやアクションを変えてみたり等々、、偏光サングラスを買ってから前以上にフィールドを観察するようになりました。

よく見える偏光サングラスをかけると釣りが上手くなる、って言われているのは単純に魚が見えるようになるからではないんたなぁと最近つくづく感じます。

まだ偏光サングラスを持っていない方は自分のよく行くフィールドで使ってみてじっくりと観察すれば、今まで見えなかったモノが見えてくるかもしれませんね!

朝夕マズメ用に買いました。曇りの日などの少し薄暗い日には抜群に視認性が高いです。

ピンオンリール

よく使う小物を手の届く場所に装着しておくと無駄な時間が無くなります。バックを開けてゴソゴソ探すのと1秒で手に取れるのでは回数を重ねる程その差は開いていきます。とは言っても人それぞれだと思いますので絶対釣りたい!って思う方はタイムロスを無くして釣り本来の時間を長くしてみてはいかがでしょうか。

タックルバッグの外ポケットに小物をを入れている方は単純に紛失防止で付けてもイイと思いますよ!

水温計

だんだん本気度が高くなっていくと水温を気にしだします。笑 水温によって釣り方を替えてみたり。適水温に近いポイントを探してみたり。ぱっと見た目では分からなくても何らかの理由で適水温に近くなっている場所もあります。

魚の居場所を得る為の材料は多ければ多いほど釣果に繋がっていきますね!

今はコレを使っています。

少しお値段はしましたが、、、水に直接触れずに瞬時に温度が分かるのはスゴイですね!普通の温度計のように液柱が止まるのを待たなくて済みます。

欠点は棒状温度系に比べて誤差が大きいこと。計り方にもよりますが1~2℃ぐらい誤差があります。測定する水面上にゴミや障害物があると誤差が大きくなってしまいます。

ちなみにその前はこれを使っていたんですけどいつの間にか行方不明になりました。。

タックルバックの外側に装着するならストラップは変えた方がイイです。無くなるので。笑

フックキーパー

ルアーやワームを引っ掛けるためのアイテム。ガイドやリールにフックを掛ける方もいると思いますがなるべく傷をつけたくない方にオススメです。

オフセットのワームも引っ掛ける事が出来るのでコレを使ってます。

注意点として、、たまにラインがキーパーに引っかかっている状態になる事があります。

ベイトリールでこれに気付かずにキャストすると大バックラッシュになりますのでお気を付け下さい。。。

携帯灰皿(タバコを吸われる方)

タバコを吸う人は携帯灰皿をちゃんと使ってくださいね!当たり前かもしれませんがポイ捨てはNGです。タバコに限ったことでは御座いませんが。

オシャレなのもありますのでエチケットとしてしっかり使って下さいね!

カラビナ付きなのでズボンに簡単装着できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

便利なアイテムを揃えていくと釣りがどんどん楽しくなっていきますね!

本当はもっと細かくご紹介したかったんですけど、便利なものが多すぎてざっくりとした感じになってしまいました。まだまだ使ったことのない便利なものも山ほどあると思いますのでイイものは追加していこうと思います。

こんなのも便利だよ!!っていうものがある方は是非教えて下さい!

最後まで閲覧いただき有難うございました。

それでは皆さま、良い釣りを(´◡`)








伊藤巧も愛用中!
車中泊専用マット

釣りビジョン・ルアーマガジンで話題沸騰中の『車中泊専用マット』。釣りだけでなくキャンプなどのレジャーシーズンにも超おすすめです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

Basser's Note管理人、YASU(旦那)です。WAKA(嫁)と二人で関東地方を中心に、川、野池などおかっぱりで釣り歩いています。ワケあって約10年のブランクを経て復帰しました!なんでも釣りの事に繋げてしまう変態アングラーです。 釣りに関する便利な情報や釣り以外でも、暮らしに役立つ情報があれば配信していきたいと思います。