【2月】晩冬のリザーバーで陸っぱり。春はもうすぐ?やっと出会えたバスが最高すぎた。




皆さまこんばんは。

春が近づくにつれて休日になるとソワソワしてしまう週末アングラー、YASUです。最近毎回言ってる気がしますが。。

今回は午後から仕事だったので午前中にご近所リザーバーである津久井湖に行ってきました!またしても嫁に内緒のお忍び釣行です。笑

因みに津久井湖は今年に入って2回目のチャレンジ。前回と同様のルートだったのですが、、素敵な出会いがあったので湖の状況報告も兼ねてお伝えしていきますね。それでは行ってみましょう!

道志橋上流側からエントリー

今回も例のごとく最上流側からエントリーしました。約2週間前に行ってからあまり状況は変わっていないとは思いますが、、。

ちなみに前回の津久井湖はこんな感じ。

真冬の津久井湖でバス釣り~激タフリザーバーでオカッパリ釣行~

2018.02.11

到着してみると、既にボート釣りのバサーの方が1名。

水位が1m程上がっていました。

先日の釣行時にここのポイントで近所の常連アングラー様(ダンディーな)から頂いた情報によるとこれから水位はどんどん上がって行くよ!との事。確かに。

しかし相変わらずここは水が綺麗ですね〜。写真を撮ったのですが誤って消してしまいました、、スミマセン。。

対岸の反転流やヨレにラバージグを投入するも異常ナシ。

シャローのゴロタ周辺をトップからボトムまでチェック。気になる箇所はスモラバで調査するも反応ナシ。前回はここで特大サイズのニゴイと遭遇したのですが今回は出会いナシ。

前回と違う点として10㎝無い位のベイトが結構沢山居ました。バスの姿は見えませんでしたがフィーディングのタイミングが合えば釣れそう、、。

どのフィールドに行っても言える事ですがバックウォーターは魚影が濃いので必ずチェックするのが吉です。当然皆が狙うのでプレッシャーは激高ですが。。

ウ〜ン、ツレナイ。ミエナイ。ドコに行ってしまったんだバスは。。

気を取り直して下流へ下ります。

日が昇って三井大橋下へ

前回同様、時間がないので駐車場からポイントが遠い串川はスルーし三井大橋下へエントリー。ボートの方は居ましたがオカッパリバサーはゼロ。

人気フィールドも冬ならではの光景ですね。笑

前回に比べて水質はかなり良くなっています。

小さな流れ込み(と言うより排水?)をダウンショットのスイングインパクト&スモラバ(アベラバ)で岸際→深場の順番にチェック。橋脚側もチェックしましたが魚体に触れることもなく沈黙。

今更かもしれませんが、、アベラバのツインガード(ブラシガードが2本のタイプ)ってフツーに根掛りしにくいんですけど、ブラシガードをVの字に広げるとスナッグレス性能が更に高くなるので際どいポイントでも打つ事ができますね!今年もかなりお世話になりそうな予感がします。

釣れなさすぎて話が逸れました。笑

見渡す感じだとベイトも集まっていなさそう。ウ〜ン。。

冬のリザーバーのオカッパリって探るエリアが広すぎるのでバスが居るけど喰わないのかそもそも居ないのかの見極めがホントにムツカシイですね。。

岬側をチェック

橋脚周辺の投げられる範囲の深場は投げ倒したので岬側をチェック。明らかに水が流れているようでした。岬に水が当たる部分から下流側にかけて外側はクリアな水、内側は泥を巻き込んで濁った水の境目がハッキリ分かる程水に動きがありました。

夏場だったらかなりチャンスなのになー、なんてて事を思いながらスローフローティングのジャークベイトをチョイスして一応投げてみる。

濁りの境目、インサイド、アウトサイドをチェック。

ちなみに去年の春に購入してから約1年間ボックス内にて大切に保管されていたルアー。笑

始めて投げるルアーだったので結構いい動きするなぁなんて思いながら濁りのアウトサイド側をジャーク。

ポーズ中、、、、

 

 

『ゴンッ!!!!』

ついに念願のバスと遭遇

一瞬何が起こったのか分かりませんでした。笑

グイグイ引く感覚で我に帰りマシタ。

久しくバスのアタリを感じていなかったので思いがけないHITにテンパるアラサー。笑

にしても引き強くないか!??

MHのロッドごと引きずり込むような激しい引き。

『バシャバシャーン!!』

とエラ洗いするバスを確認。デカっ!

 

久しぶりのデカバスの力強い引きに感動しながら引き寄せる。。

デ、デカい口。そして冬バスならではの口紅。

下アゴに掛かっていたのでまだ思うように身体が動かず喰いミスしてしまったのでしょうか。

、、そして体高のある立派なバス。

サイズは、、、。

52センチ!!

ちゃっかり自己記録更新&何気に今年の初バスです。笑

1月は3回行ってバラシ&坊主だったので、、、感無量です。

素晴らしいのは傷1つ無い魚体とピンクがかった綺麗なヒレと口紅。そしてこの体高とブリブリのお腹。

去年も同じ場所でほぼ同サイズが釣れたのですが比べてみるとコンディションが全然違いますね!

【9月】台風直撃の前日! スモラバでデカバスGET! 津久井湖&霞ヶ浦釣行!

2017.09.17

ちょっと早めのプリなんでしょうか。笑

感謝を込めて水通しをしてお別れしました。

ホントにアリガトウ!

シチュエーションとヒットルアー

参考になるかは分かりませんが釣れた時の状況を説明していきます。

水温はこんな感じ。

少し暖かくなったとは言えまだまだ冬水温です。この冷たさでも水深のあるリザーバーでシャローに差してくるデカバスは動けるんですね。

続いてヒットルアーはこの方。

カラーはスポーニングを先取りした【プリスポーンダイナマイト】

スゴいネーミングですね。笑

シチュエーションとしては流れのある岬の下流側の泥を巻き込んだ濁りのアウトサイド側。

濁りを抜けてきた魚を待ち伏せしてバイトしたような感じでした。

 

その後30分程周辺を探索して時間が来たので納竿となりました。

まとめ

今回釣れたバスのコンディションだけを見ると完全にプリスポーンの個体ですね!

他の小さなベイトフィッシュが冬の間動けなくなってしまうのでデカバスにとっては夏以上にエサを食べられるチャンスなのかもしれませんが。

これから暖かくなってくるといよいよスポーニングシーズン(プリスポーン)に突入しますが今回のようにデカバスをゲットするチャンスはもうすでに来てるのかもしれません。

ちょっと寒いからと断念している方はフィールドに出てみると思わぬ素敵な出会いが待っている可能性も大いにあり得ますね!

 

それでは皆さま、よい釣りを(´◡`)








伊藤巧も愛用中!
車中泊専用マット

釣りビジョン・ルアーマガジンで話題沸騰中の『車中泊専用マット』。釣りだけでなくキャンプなどのレジャーシーズンにも超おすすめです!


2 件のコメント

  • 2018の初バスが50 over 自己記録更新とは最高のスタートですね〜 私はバス釣りにはまだ行ってませんが、昨日渓流での15cmくらいのヤマメちゃんが2018初魚でした。スポーニングに向けて次は霞ヶ浦でも行ってみようかと思ってます。

    • Moto様、コメントありがとうございます。やっとラッキーフィッシュが舞い降りました!
      渓流もするんですね!色々な釣りをする!と決めたはずがなかなか踏み出せない今日このごろです。笑
      ちなみに僕達も3、4月で霞ヶ浦の旅を計画中です。フィールドでお会いする機会がありましたら優しくご指導下さいませ。笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    ABOUTこの記事をかいた人

    Basser's Note管理人、YASU(旦那)です。WAKA(嫁)と二人で関東地方を中心に、川、野池などおかっぱりで釣り歩いています。ワケあって約10年のブランクを経て復帰しました!なんでも釣りの事に繋げてしまう変態アングラーです。 釣りに関する便利な情報や釣り以外でも、暮らしに役立つ情報があれば配信していきたいと思います。