初ベイトリール!アルファスSV105SH購入




こんにちは、WAKAです。

前回千葉県遠征に行った時に初めてベイトリールを投げてみて「やっぱり自分用でベイト持ちたい!」ってことで、調べました。超初心者の私にも使えそうなベイトリール。

ちなみにデザインとかっこよさではダイワの方が好きだったので、ダイワを買うのは決めていたんです(笑)

ということで、初心者がベイトリールを購入したときに、重要視したところや実際に投げてみた感想をまとめてみました。

重要視したところ

初心者なんですよ、私(笑)ほんとうに全然知識もない初心者です(笑)性能とか本当にまったく分からない。そんな初心者がベイトリール持つなっていう話ですけど。

そんな初心者にも扱いやすいベイトリールがいいなぁって思っていました。

あとは軽さ。シマノのベイト投げた時、持った時、巻いた時。すべてにおいて重いと感じてしまいました。これってそのリールを持って1日中歩いて、投げて、動かすわけですよね。そう考えると、重たいリールは本当に疲れちゃうと思いました。これ、わがままだったらごめんなさい(笑)

基本おかっぱりでランガンするので、持ち歩くのにできるだけ負担のない方がいいと思っていました。

最後に値段。これ大事ですよね~(笑)決してお金持ちではないので、できるだけ安くていいリールを探しました。

正直、私の探し方は全っ然参考にならないと思いますし、もっと良い調べ方がたくさんあると思うのですが、私なりにいろいろ調査して購入したリールはこちら!

DaiwaのアルファスSV105SH

f:id:hime_wakaba53:20160824213815j:plain

これです、この子にしました! ダイワのアルファスSV。そして右ハンドル。比較的軽いルアーも投げれて、重いルアーなら一通りOKの万能リール。

軽さも申し分ない軽さです。私が使っている安いスピニングよりも軽いですよ(笑)そしてそして、極めつけはバックラッシュしにくいというところ。前回千葉県でキャスト練習したときは、ラッキーなことにほとんどバックラッシュしなかったんですが、釣りの時のストレス軽減のために、ここも重要視しました。ぽんぽん投げたいですしね。

余談ですけど、なぜかスピニングでさえライントラブル多いんです。なんでだろう?(笑)中(?)に巻き込んでしまって、スピニング本体を外して、巻き込んでいるのをやっと取って……というのにえらい時間かかってしまうんです。なんせこうもしている間にバスが1匹釣れるかもしれない! と思うと「うがーーーーー!」ってなります(笑)

というわけで、こちらを購入。満足。

実際に投げてみる

というわけで、早速投げに行ったよ。ブレーキ調整がよく分からんのやけど、とりあえずちょっとずつ緩めていって、バランス整えながら、いろいろなルアーを投げてみました。

軽いのもOKとあったので、軽量のワームも投げてみる。

ん~~~~~~~。これは完全に私の技術の問題もあるかとは思いますが……軽いのは投げにくいね。ノーシンカーも投げられるっていう人もいましたが、私には投げれませんでした(笑)OSPのドライブスティックとか投げてみたけど、ちょっとうまく飛ばなかったな~。練習あるのみですかね。

そしてね。そしてね。キャストするときにね、近くの葉っぱにガサッ! てあたったの。そしたらね、見て。

f:id:hime_wakaba53:20160824213858j:image

ちーーーーーーーん。修復不可能(笑)周りを見てキャストするようにしなくちゃね(笑)またひとつお勉強になりました。

ではでは、皆さま。本日も良いバスに巡り合えますように。

 

アルファスSVに関する記事はこちら

お世話になったベイトリールを自分でオーバーホールしてみる【ダイワ アルファスSV編】

2018.01.16

【バス釣り】ベイトリールを見た目だけで選んでみる。

2017.12.02

釣女がDAIWA☆BLACK LABEL~ブラックレーベル~を購入した!

2016.12.22








【Basser’s Note】からのおすすめ商品!!

釣りビジョン・ルアーマガジンで話題沸騰中で、バスプロの伊藤 巧さんも愛用している『車中泊専用マット』の広告がBasser’s Noteに届きました。準備も楽で節約にもなるこの『車中泊専用マット』は釣りだけでなくキャンプなどのレジャーシーズンにも超おすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です