バスフィッシングはラインが命!?ナイロン、フロロ、PE個人的オススメ紹介。




皆さまこんばんは。やっぴフです。

今日はバスフィッシングの中でもとても重要になってくると思われる、ラインについてのお話をしたいと思います。

ルアーを投げてアクションさせてアタリを感じ取り、アワせてからHITしてたぐり寄せて手で掴むまで、、、をたった1本の糸でやる訳ですね。

当たり前ですが釣りをする上で無いと絶対出来ないアイテムの一つですね!!

そんな大事な物を何でもいいやーっとは言ってられません。

ただ、、お店に行くと“ズラーーーーッ”と並べられたライン。。初めて見る人は何のこっちゃ??と言った感じになるのは当然だと思います。僕も最初は全く分かりませんでした。笑

分からないので色々試したり調べたりって繰り返してやっと最近落ち着いた感じです。まだコレがいい!って言うラインに出会ってない方は僕が個人的にオススメするラインもありますので参考になればと思います。

ベテランの方は、それは違うだろ〜!って所があればご教示下さいませ!!

それではまず、ラインの種類から見てみましょう!

ナイロンライン

1番オーソドックスな万能ラインですね!特性としては他のラインに比べ柔軟性、操作性が高いので扱いやすく、トラブルが少ないのでこれからバス釣りを始めようとしてる方、と言うより釣りを始めようと思ってる方にとてもオススメです。

値段が安くお財布に優しい点も良いですね!比重が小さい為、比較的沈みにくい性質があります。

欠点は吸水性が高く一度水に浸かると劣化が早い事。久しぶりに釣りに行こうと思ったら透明なラインだと白く変色していたり。かなり危ないですね!

ルアーを投げた瞬間、大事なルアーが遥か彼方へ飛んで行ってしまう可能性も有りますし、フッキングした瞬間『ブチッ!!!』って可能性もあります。

こまめにライン交換をしていればナイロンラインの性能を十分に発揮できますね!

因みに僕はちょっとお高いラインだとケチって4~5回ぐらいで換えてました。笑

 

フロロカーボンライン

最初のうちはナイロンかフロロかで悩む方も多いと思います!!フロロカーボンの特性は伸縮性が低いので感度が高いアタリが分かり易いって事ですね!

また耐磨耗性に優れているのでカバーをバシバシ打ったり、底をズル引きしたりとラインが擦れてしまう様な釣りがメインであればオススメです。

吸水性が無いので劣化が遅く、性能を損なわず長く使える点もイイですね!

また、比重が大きく他のラインと比べて沈みやすいと言った性質も有ります。

欠点としてははまず値段が高い!もちろん値段はピンキリですがナイロンに比べると比較的高いと思います。大事とは言っても消耗品だからそんなに出せないよ〜。。。同感です!!笑

また、ラインが硬い物が多く癖がつきやすいと言った欠点もあります。特にスピニングだと癖がついてる部分を気付かず巻き込んで、次のキャストで『ヅゥラララッ!!』って絡まり合って大放出してしまう事も。。そしてこれがなかなか直せないんですよ。泣

直してるとまた癖がついて負の連鎖に巻き込まれる事も。笑 こうならない為にも水に馴染んで無いラインはなるべくテンションをかける事適宜ヨレを取る事が必須になってきます!

ラインのヨレを簡単に取る方法もありますので後ほど紹介しますね!!

 

PEライン

ソルトゲームでは主流になっていると思いますがバス釣りで使っている方もどんどん増えてきているのかな、と言った感じがしますね。

PEラインの特性は何といってもその高強度!!ポリエチレン素材の糸をタコ糸の様に編み込んだラインでその強度は他のラインの2~4倍程と、驚異的な強度を誇っています。同じラインでも編み込んでいる糸の本数が4本だったり8本だったりするので、それによってもまた強度は全然変わってきます。

かなり細いラインで他のラインと同程度の強度が得られるのでキャスト時の抵抗が少なくなり飛距離が格段にアップします。

無伸縮性で感度がバツグンなのでアタリが鮮明に分かります。

また、比重が小さく浮くのでトップの釣りで重宝される方が多いですね!フロッグゲームでは50lb以上のPEでタックルセッティングしている人も多いかもしれません。

吸水性が無く耐久性が非常に高い性質もかなり良いですね!劣化の心配が殆ど無いのでコスパには意外と優れているのかもしれないですね。

欠点はと言うと、、まず値段が非常に高い!!

他のラインと比べてみると数倍違っていたり。

もちろん安価なのもありますが、それでも高い!って感じる方はかなり多いと思います。

次に風に弱い点。とても軽くてしなやかなラインなので少し風が強いと煽られたり、糸が弛んでるとロッドのガイド部分で絡まったりと慣れないうちはトラブルが多発してしまいます。

あとは摩擦に弱い点。引っ張る強さは最強ですが、岩や木などに擦れてしまってラインがささくれたり編み込んでるラインの内の一本が切れたりすると一気に強度が落ちてしまいます。ガイドに少し傷が入っているだけで高切れが連発したりする事があるので注意が必要ですね!

他のラインと同じ様な結び方だと結び目から解ける可能性もあるので合わせて注意が必要です。

 

とはいっても、、、、

はい。3種類のラインの各メリット、デメリットを簡単に説明しましたが、、、ここ最近のラインはメーカーさんが頑張って各デメリットが殆ど感じ無い様な物まで出てきています。

ますます分からん!!ってなるのも当然だと思います。。。

1番良い方法だと思うのは実際使っている人の話を聞く事!雑誌やDVDの製品紹介だとあまり欠点を言わないので参考にならないよ!って感じられる方もいると思います。。フィールドで出会った人や友達、ブログでも良いと思います。

自分のやりたい釣りとタックルバランスやシチュエーションがその人と近ければ尚良いと思います!

ラインだけ同じ物にしても全然違うタックルだと効果が半減してしまったりも有りますので注意が必要ですね(´◡`)

僕のオススメも紹介しますので参考になれば幸いです!

 

オススメライン紹介!

おススメのナイロンライン

まずはナイロンラインですね!僕は今はあまり使っていませんが1番最初の頃の主力選手達を紹介します。

1.ジャストロン〈ダイワ〉

ザ・コスパ!!って感じのラインです。笑 800円以下で500m巻きのライン。安すぎて大丈夫?って思いますが不満に思った事は特にありません。。DAIWAさん本当にスゴイです。劣化が早いと言って1、2回に1回巻き直しても安いのでお財布を傷めずに済みますね!

僕はちなみに2号と2.5号をベイトフィネスタックルで使用していました。使用していたリールがアルデバランbfsでブレーキの調整がなかなかシビアだったんですけど最初の頃はブレーキ調整に慣れるまでかなりお世話になりましたよ!笑

40mぐらい巻くので1個で何と12回分!!2回に1回変えても24回分ですからかなりの低コストです。

始めたばかりの方も失敗を気にせず投げれるのでオススメですよ!

 

2.Trilene Z〈バークレイ〉

もう少しいいラインにしたいなーって思って色々試してたどり着いたのがこの方。柔らかいのに伸びにくいラインなので感度がかなり良いです。耐摩耗性を強化していて吸水性も低いので劣化が遅いです!

そして結構安い!ネットでもお店でもかなりお手頃な値段で売られていますね!

因みに僕はベイトフィネスで8lbを使っていました。今でもたまに使います。

40m×3回で余りは他のリールの下巻きに使用しています。

だってもったいないじゃないですか。笑

 

3.GT‐R ULTRA〈サンヨーナイロン〉

GT-RのAPLLAUDシリーズは僕もかなり好きで色々試しましたが、このラインは別格に感じました!柔らかさ等のナイロンの特性はそのまま残した上で耐摩耗性がとても優れている様で、その辺のフロロより遥かに強い印象を受けます!同じ値段だったら僕は断然こっちを選びます。

ライントラブルがかなり少なくなるので

『高いラインは、、、』って敬遠している方にこそ是非使ってみてもらいたいラインの一つですね!

僕は主にスピニングタックルで使用していました。リールは2500番で6℔~8℔を使用。ロッドはライトロッドでプラグからワームまで幅広く使えました。オカッパリ等でそこまで遠投する必要がなければロックエリアやライトカバーなどでもあまり気にする事なく使える印象があります。

100m巻きを使ってみて『イイね!』と思った方は600m巻きの物もあるのでまとめ買いもできますね!!

ナイロンラインはこんな感じです!他にもいっぱいありますが、、書いていたらキリがないのである程度の価格別に3つおススメを選んでみました。

それでは次はフロロに進みます!



おススメのフロロカーボンライン

こちらも結構迷いますがリーズナブルなものから順に3点紹介させていただきますね!

 

シーガー フロロマイスター〈クレハ〉

これは皆さんも一度は通ってきた道かもしれません。笑 もちろん僕も通りました!!

だって安いんですもの。このお値段でこの巻数なら迷わず買ってしまいます。安いとはいえフロロの特性をしっかりと兼ね揃えた良いラインですね!

ただ、6℔以下だとちょっと強度が心配、、、、って言う印象というか、経験があります。僕は個人的に8℔以上の太さであればこのラインをオススメします。

それなりに硬いのでスピニングだと巻きグセが付きやすいのが難点です。

 

GT‐R CRYSTAL〈サンヨーナイロン〉

やっぱり好きなんですよねぇGT-R。笑 他のフロロと比べると柔らかく操作性がかなり高いです。トラブルが圧倒的に少ないですね!少し高いですが、耐久性も高く劣化が遅いのでライン交換を頻繁に出来ない方にオススメです。

僕はスピニングの2500番でライトロッドに4lb巻きでワームやスモラバ等の底物メインで使用しています!

比重が大きいのでトップ系の釣りにはあまり向いていない印象がありますがそれ以外はほぼカバーできますね!

 

シーガー R18 BASS〈クレハ〉

有名なラインですね!!どのお店に行っても必ずと言っていい程置いてあります。愛用者がめちゃくちゃ多いのもこのラインだと思います。何と言っても使いやすい、この一言で済むと思います。笑 同じR18のフロロリミテッドなどの上位互換のラインもありますが僕はBASSの方を使っています。160mと240m巻きがありますがおススメは断然240m巻きの方。値段がそれほど変わらないなら多い方が良いですよね!

因みに僕は

巻物用でベイトリール+MLのグラスコンポジットロッドに12~16℔を使用

カバー打ちや1ozクラスのルアーを使用する際にベイトリール+MHロッドで20lbを使っています。

もちろん4、5lbをスピニングで使用する事も多いです。と言うよりほとんどこのラインにお世話になっています。笑

基本オカッパリバサーの僕なんですけど大遠投する事があまりないのでリールはベイト、スピニングともに下巻きを巻いています。だいたい80mぐらい巻けるように調整するので1個で3回分、ベイトフィネスは40mくらい巻くので6回分ですね!

240m巻きはかなりお買い得ですがお店にあまり売っていないのが残念な所です。僕の住んでいる地域には1箇所しかありません。。。ネットでまとめて買えば安いので僕はいつもそうしています!!

 

いかがでしたか?

フロロもナイロンも 共通して感じた事は各デメリットを抑えたり、特性を最大限に生かしたりと特殊な技術が施されている物はやっぱり高い!!と感じました。ブランド力だけで高いって物はあんまり無いんですね。。

それでは最後にPEラインに、、、

 

おすすめのPEライン

と行きたい所なんですけど、、、ゴメンナサイ。。まだまだ経験値が足りないので使った感想、オススメと言うよりは個人的に欲しいラインになります。(そんなにアレコレ試せる様なお金が無いので、、、泣)

 

BASS SUPER PE-LINE〈サンライン〉

フロッグ用で僕が狙っているラインです。まず値段!お安いですねぇ。と言うよりフロロとかとあんまり値段変わりません。

大丈夫か?って思いますけど結構評価が高いみたいです。来

来年はコレでバス&雷魚さんを探しに行きます!笑

他にもパワーフィネスでPEとか色々試してみたいんですけど、、まだまだですね!お金がいくらあっても足りません!!笑

そのうち色々とマスターしてきたらまたご紹介しますね!

因みに我が家の嫁わかばがラインを選んだ記事(初心者女子が選ぶライン)もこちらにありますので良かったら参考にして下さいね!

バス釣りにはナイロン?フロロ?PE?初心者がラインについて語る(笑)

2016.09.07

 

番外編〜糸ヨレ解消法

特にスピニングでフロロをよく使用している人はいつも悩まされますよね!使っているうちにどんどん巻き癖がついてロッドのガイドに絡まったり、リールにそのまま巻き込んでしまったり、、、。もうそれだけでモチベーションは一気に下がってしまいますよね!中には『もう帰ろうよ、、泣』ってなってしまったり。笑

こうならない為にちょっとした小技を紹介します。知っている人は『なんだ、そんな事か、。』と思わず暖かい目で見て下さいませ。笑

  1. 左手でリールから出ているラインをガイド手前でロッドと一緒に持つ
  2. 右手でロッドのグリップエンドを持つ
  3. 竿を断面的に見て左回り方向にリールの重さを使って遠心力で5〜10回程回す
  4. 左手を離す

写真で見るとこんな感じです。

f:id:hime_wakaba53:20171125151251j:plain

汚くてすみません。笑

反対方向に回すとヨレがキツくなってしまうので注意が必要です!

これならリグを組んでてもできるので簡単ですね。まだやった事が無い方は試してみてください!

 

最後に、、、。

ラインを色々と紹介してきましが、結局コレが良い!悪い!!を決めるのはそれぞれの感覚になってくるので色々な意見があると思います。

なので色々と試してみる事は本当に大事ですね!!

少し話が逸れますが、僕がフィールドに行ってよく見かけるのは『グチャッ』となって捨ててあるライン。。。

多分ライントラブルになって切ってそのまま放置されてるラインです。これだけは絶対にしない様にしましょうね!!釣り人以外の人にも迷惑をかけてしまいますし、鳥などの動物にも害を与えてしまいます。釣禁になってしまうフィールドだってあります

自分に合ったタックルやラインを選ぶ事でトラブルを無くし、ルールをしっかり守る。。

いつまでも楽しい釣りが出来る様、皆で協力し合いましょうね!

長々と失礼致しました。

それでは皆様、良い釣りを!!(´◡`)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です