冬の陸っぱりは服選びが命。極暖インナー(アンダーウェア)紹介




皆さまこんばんは、やっぴふです。

最近めっきり寒くなってきましたね。僕は最近朝が辛すぎるのに悩んでいます。

今年もあとわずかとなりますが、皆さんは釣りしてますか?

今回は冬バス攻略をされる方の為に極暖インナーを紹介していきます。

バスに出会うどころか体調を崩してしまったり、なんて事にならない様これからの厳寒期に備えて防寒対策をしっかり取っていきましょう!

インナーは寒さを防ぐ最後の砦!

これがしっかり暖かければ上着は薄くて動きやすい格好でも全然OK!ですね。

キャストして歩いてキャストして〜を繰り返すのに4枚も5枚も重ね着をしているとそれだけでストレスを感じてしまいます。

せっかく貴重な1匹をかけても動きづらくランディング中にバラす可能性も増えてしまいます。

アウターの選択ももちろん大事ですが直接肌に触れるのはインナーですので自身のコンディションの為にも状況に応じてしっかりとした物を選んでいきましょう。

 

釣りで汗はかく?かかない?

同じ釣りとは言ってもピンポイントでハニースポットを【静】の釣りでじっくり狙う方、ディープエリアやデカバス狙いでシャローをランガン【動】する方と二つの釣りに分かれると思います。

また、移動が車でポイントの近くに駐車できれば一番ですが、野池やダムなんかで陸っぱりだと険しい道を歩いてポイントに到着するまでに結構汗をかいてしまいますね。

ただ厚着をしているだけで吸湿性や速乾性の低いインナーを着ていると到着してしばらくすると汗冷えでガタガタ震えてしまう事も。。。

という訳で、汗をかきやすい釣りなのか、かきにくい釣りなのかによってオススメも変わってきますので別々に紹介していきます。

 

汗をかきにくい釣りをする方にオススメ

こちらでは特に保温性の高いインナーを紹介していきます。移動方法が車だったり、じっくりポイントを絞って釣りをされる方、バス釣り以外でも餌釣り等をされる方にオススメです。

 

mont-bell(モンベル)スーパーメリノウール

国内登山メーカーで有名なモンベル。その中でもこちらは名前の通り『ウール=羊の毛』を素材として使用しているので保温性が非常に高いです。

天然素材の為、値は張りますが安価な化学繊維素材で作られた物とは比べられない質感も魅力的ですね。

また防臭効果も優れているのでムレて脱いだら臭う。。なんて事にもならないで済みますね!

因みに、ウール素材なのに『ウォッシャブル加工』というのが施されていて洗濯もOK簡単なんですよ。

もっと詳しく知りたい方の為にメーカーリンクを貼っておきますね。x

参考:モンベル | オンラインショップ | 素材で選べるアンダーウエア

 

SHIMANO(シマノ) ブレスハイパー

こちらは大手釣具メーカーから。厚さ5mmの超極厚素材の特殊裏起毛を使用していて、空気層も厚くて保温性もバッチリ。

ストレッチ仕様で身体にソフトフィットする事により体温を逃しません。

静電気を抑える制電機能も備わっていて嬉しい限りですね!

抗菌や防臭効果も兼ね揃えている点も抜かりなし。

ただ一つ難点として汗をかき過ぎると乾くのに少し時間がかかる、と言った感想が多い様です。。

じっくり釣りをしたりボートに乗ったりするののであれば保温性に関して非の打ち所がない一着なのでオススメですね!



汗をよくかく釣りをする人にオススメ

こちらは特に吸湿性の高いインナーを紹介していきます。陸っぱりメインだったり、ダムや野池などの歩く必要が高いフィールドに行かれる方、または体質上汗をかきやすい方は必見です。

 

mont-bell(モンベル)ジオライン

注目すべきはその驚くほどの吸水性と速乾性。

汗を瞬時に吸水、拡散させる独自の特殊な加工が施されているみたいですね。

試験データによると他社スポーツアンダーウェアの1/2、一般のアンダーウェアの1/3の乾燥時間を記録しています。

もともと登山やスキー等の極寒地でのハードな運動を想定して作られているので汗冷えをしないように考え抜かれていますね。

上でご紹介したメリノウールも吸湿性が優れていますが汗をかくシチュエーションの場合だとジオラインに軍配が上がる様ですね!

こちらの記事を参考にしてください。

参考:【寒さ対策】アンダーウェアの決定版『ジオライン』を着るべき理由 – イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」

 

FREE KNOT(フリーノット)レイヤーテックアンダーシャツ

こちらは光電子(こうでんし)と言われる新技術の素材が組み込まれたアンダーシャツですね。

身体から放射された遠赤外線を吸収、蓄積し温め、更に汗の蒸発を促進させる効果がある様です。

身体を動かさなくても遠赤外線を蓄積するので暖かい点と軽くて生地が薄いので動きやすいのがとても良いですね!

詳しく知りたい方の為にこちらもメーカーリンクを貼っておきますね。

参考:光電子®とは|光電子®特集|FREE KNOT:フィッシングウェアブランド

 

番外編

こちらでは今が旬なインナーを紹介します。

もしかたらもう売り切れになってしまっているかも。。。

まだ残っていたらラッキーですね!

もちはだ×釣りよかでしょう。コラボ

大人気YouTuberの『釣りよかでしょう。』がオススメの暖かいインナーとして動画をアップしたのがきっかけで『もちはだのワシオ』がアングラーの声を取り入れた『アングラーによるアングラーのためのもちはだ』を製作しています。

コラボ商品の方はここ最近出たばかりで現在絶賛販売しています。

売り切れる前に要予約ですね!

極厚生地+特殊な起毛方法で加工されているので、ふんわり包み込む様な抜群の保温力があるとの事。

個人的には腹巻き付きアンダータイツがかなり欲しいです。お腹弱い方なので。

釣りよかでしょう。のオリジナルネーム入りで可愛いですね!

コラボ商品リンクはこちらから。

参考:「釣りよかでしょう。」×もちはだコラボ! | 【もちはだ本店】ワシオ公式 防寒肌着と日本製靴下・ストッキングの専門店【もちはだ起毛】あったか肌着で暖房に頼らない快適エコ&節電生活のご提案♪ ワシオ株式会社

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

しっかりした物は相応の値段がしますね!

ですが厳寒期の釣りは一歩間違えれば釣り所ではなくなってしまう事が多いです。

急激な温度差や乾燥による体調の崩しやすさもありますのであまり無理はしない事、身体にあったインナーを選び自分の体調に合わせた釣行を楽しんでいきましょう!

それでは皆さま、良い釣りを(´◡`)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です