2018新春バス釣り霞ヶ浦釣行! 防寒対策をしっかりするだけで、冬のバス釣りは楽勝だった。




今年も無事に年を越すことが出来ました。お久しぶりです、わかばです(^^♪

先日足を怪我してから久しぶりの霞ヶ浦遠征に行ってきました。2017年は1年のまとめが出来ないほど惨敗な1年だったので、どうにか今年はバスを釣りまくれるように頑張っていきたいと思います。

☆2017あけおめ☆昨年の釣果まとめなどなど

2017.01.02

冬バス攻略は本当に苦手…

なんて意気込みましたけど、去年も1匹も釣れてないので、冬バスというもののアタリだとか居場所なんていうのがまったく分かっていません(笑)

とりあえずディープにいるとか、リアクションで食わすとかは頭に入れているので、今回はその辺を意識して投げまくりました。

防寒対策はバッチリ

寒すぎて釣りどころじゃない…なんてことにならないように、今年はかなり防寒装備をバッチリ整えましたヨ。

インナー

まずGUの裏起毛ヒートテック上下。……『GUかよ』って思った方、正直に手を挙げてください(笑)

いや本当はね、やっぴが記事にしてくれた光電子とか、メリノウールとかが欲しかったんですよ! でもね、他のあったかグッズにお金使いすぎて貧乏になってしまったのでGUにしました(笑)

冬の陸っぱりは服選びが命。極暖インナー(アンダーウェア)紹介

2017.12.23

でもね、最近のGUの服はすっごく暖かいものが多いんですよ! 特に裏起毛素材の服なんて最高にイイ。しかも安いっていうね。言うことなしですよ。去年もGUの裏起毛ヒートテックを着て釣りに行っていました。

UNIQLOのヒートテックもいいんですけど、暖かさでいえば私は個人的にGUの裏起毛ヒートテックが最強だと思っています。来年はちゃんとアウトドア用のあったかインナーを着て釣りがしたいものですね。

手袋

手袋はフリーノット(FREE KNOT)の3本の指が空いている光電子手袋です。別のメーカーの手袋を持っていましたが、断然こっちの方が温かかった!

しかもあまりゴワゴワしていなくて動かしやすいので、フック付けたり、ルアー取り替えたりするのは全然苦じゃなかった。私は他の女の人よりも少しだけ手が大きい方だと思うんですけど、Mサイズでちょうど良かったです。

靴下

これもフリーノット(FREE KNOT)の光電子靴下!

それこそ例えで出すと申し訳ないんですけど、GUやUNIQLOなんかで売られている一般的な靴下なんかとは比べ物にならないくらい暖かい。

けど、冬のバス釣りって本当に寒いから。私はこれだけだと「つま先が凍死した」ってぶつぶつ言っていたので、これ↓も装着。

これ、ヤバいですよ。このつま先ウォーマーがあるだけで、寒さの感じ方が全く違います。しかもこれも光電子だからね。今回霞ヶ浦釣行に1泊2日で行ったけど、2日目に装着して1日目と比べると本当に寒くなかった。目から鱗。今後の冬の釣りにマジで必須。絶対ひとり1個は買ってほしい。

靴下の上から履きました。靴下も少し分厚くて、つま先ウォーマーも付けると結構かさばるので靴は少し大きめのサイズの方がいいかもしれません。

ニット帽

これも光電子ニット帽にしました。今のところ全部光電子(笑)頭もあったかくしなきゃ、頭痛くなっちゃうからね。耳まで隠して痛くならないようにするのも大事。

他に黒と紺色があるんですけど、被った感じグレーが良かったので即決しました。

腹巻

意外な線でしょ(笑)モンベルの腹巻です。これがあるのとないのでは全然違うよ。代謝が上がるので、おててとかずっと暖かいんです。ぽかぽかしてすごく今回の釣行は眠かった(笑)その他腹巻に関する詳しいことは上記の関連インナー記事を見てね。

やっぴ
おいわかば。あったかグッズだけでブログが終わっちゃうぞ。
わかば
ヤバい、やっぴに怒られちゃったので早速釣行編へ移ります。まずは1日目からどうぞ!

【1日目】冬のバス釣りポイント巡り

これを探すのも一苦労。とりあえずディープな場所を探さないといけないしね。

私たちは毎回北浦や利根川を攻めているので、今回もそっち方面に行ったよ。他のバサーのブログやSNSを参考に場所をいくつかピックアップしてGoogleマップで作ったマイマップを元に行ってきました。一回マップ作っておくと本当に便利ですよ。ちょっと時間かかる作業だけど、もし良かったらやってみてくださいな。

【基本編】Googleマップで自分だけの釣りマップを作成してみよう! ~マイマップ作成編~

2017.12.15

常陸利根川

ここってテトラポイントがあるので、バスがついているとか。ポイントに到着したらすでにたくさんのバサーたちが並んでテトラに穴撃ちしていました。私たちも負けじと行くよ~。

結構いろいろ投げてみました。シャッドテール/OSPのダウンショットリグとか、PDチョッパー跳ねスペシャル/JACKALLとか。

沈めて、ゆっくり巻く。ダウンショットはつんつん動かす。PDチョッパーに関してはボトムをゴリゴリさせるから根掛かりが大変だった(特にやっぴが大変そうだった)。バス釣りって底をとるのが大事だから、底に何が沈んでるか見たいよね。1分でいいから水を全部透明にしてもらって、バスがどんな動きしているのか、どこにいるのか、どこに何が沈んでいるのか見てみたい(笑)

朝7時頃の同じ時間帯に釣りをしていた若い兄ちゃんたちが何か釣っていました。スレ掛かりっぽい感じだったけど、竿がグニ〜ッて曲がってて引きが楽しそうだったなぁ。私たちは残念ながら音沙汰なし。

横利根川

水門前を探ります。そこまで深くはないんだけど、なんだかバスがいそうないい雰囲気だったので。

いろいろ通してみたけど2人ともアタリこず。たまねぎの周りもやってみたけど全然ダメ。すぐ移動。

与田浦

霞ヶ浦方面に来たら毎回絶対に立ち寄る与田浦。でも今回はいつも絶対に投げるポイントとはちょっと違う、南側にある深場エリア。とあるバサーさんの中で、冬の爆釣ポイントらしい。

ここにもバサーがズラリ。元旦から釣りする物好きは私たちだけじゃなかった(笑)そしてみんなスピニングでちまちま。私もダウンショットでちまちま。PDチョッパーを遠投してゆっくり巻き。DUNK/OSPも登場してゆっくり巻いて、止める。

ん〜。魚は全部絶滅してしまったんじゃないかってくらい生命反応がない。悲しくなって来た。そしてナカタジグ+リズムグラブ/JACKALL投竿。ジグでボトムぴょんぴょんさせようと思ったら1投目で根掛かり(笑)マジかよ!

ガチガチの何かに引っかかって、おさらばしました。ありがとうさようなら、買ったばっかりのナカタジグ。

なんか私ね、ジグ投げた日って絶対ジグ無くすんだけど。なんで。

その後も沿いに沿ってずっと投げてみたけどアカンかったぁ。バスはどこにいるのかなぁ。当たってるのかもしんないけど、全然アタリが分からない。

生活排水流れ込みポイント

とある流れ込みポイントがあるんですけど、ここでいつもやっぴが爆釣するんです。3連続で釣ったりとか。私のワームちゃんには全然反応してくれなくていじけまくってしまったので、名付けてわかばいじけポイント(笑)

ここは生活排水が流れ出る超穴場。いつ来ても釣り人はいないので、いつも貸切状態。ここなら反応あるハズ、と見込んでやって来たんですけど、なんと、水が流れ込んでいない。止まってる。いつ来ても流れ出てたのに、今日のこのタイミングに限って止まっちゃってる。でも、ソレを狙って待機してるバスがいるはずだー! といろいろ投げてみましたが、全然ダメダメ。悔しすぎる〜。

というわけで粘ることなく場所移動。

お昼寝タイム

昨晩3時間しか寝ていなかった私はここでお昼寝タイム。完全なる防寒が故か、ぽかぽかして眠気が(笑)

その間やっぴはもう一回常陸利根川とか行っていたようだよ。

堀割川

ラスト夕まずめは堀割川。ここも水門前を探る。水の流れがあったので、巻き物とか投げてみたけど全然ダメ。

一回なんかの魚が水面でボコッと動いたからダウンショットとか投げ込んでみたけど反応なし。

やっぴ
アカン。魚の姿も見ていないし、心が折れそうだ。
わかば
心が折れそうだ。とりあえず気を取り直して2日目に行ってみよう!



【2日目】冬のバス釣りポイント巡り

鰐川

朝はホテルで朝食を食べてちょっとだけゆっくり出発。朝まずめは釣れるんだろうけど見逃しました。そして鰐川へ。鰐川のテトラポイントが深場だとか。

こんなポイント。すでにバサーがたくさんいて、みんな穴撃ちしていました。

試しに遠投。どんくらい深いのか調査。調査を担当してくれたのは利刃/JACKALL。この子裏表?でカラーが違うんです。こんな感じ。

あ、この利刃目ん玉取れてます(笑)私の場合だけかもしれないですけど、目ん玉すぐ取れる。

葉っぱが落ちるようにひらひらっとフォールしてくれるので、リアクションで食わせるにはもってこい! フックもすごく特徴的だから、根掛かりはあまり気にせず遠投して、ボトムを探れます。

テトラの奥に投げてカウントしてみると、だいたい深さ8mくらい。めちゃくちゃ深い。昨日投げたどのポイントよりも断トツでトップ。やっぴも遠投。

しばらく遠投して探ったり、穴撃ちしてみたけど反応なし。レベルバイブ/レイドジャパンでリフト&フォールしてたらどうしようもない根掛かりでレベルバイブロスト…。泣く。やっぱりバスたちは絶滅したのかな?(笑)

北浦の漁港

お次は漁港攻めです。この辺りから風が吹き始めたよ。しかもちょっと風強いな。

漁港は水深が深いし、風の影響もそんなに出らんだろうということで選んだよ。ここから3〜4ヶ所くらい実績もある漁港を巡りました。

深いところは深いけど、そうでもないところもあったな〜。でも魚が水面で動いたようなモコッとした動きがあったから、何かおるんやろうなと思ってコトカス/サムルアーズ投げたり、TN60/JACKALL投げたりしてみたよ。

ボトムにいろんなのが沈みすぎてTN60が引っかかって、コレ絶対回収無理やろて思っていたけど、根掛かり回収機で無事に回収できました。マジで持って行ってよかったよ〜。釣りの必需品ですね。

前川

前川も冬ポイントらしいね。やっぱり前川はいつ来ても人が多い。人が多いところを避けて、関東に引っ越して最初あたりに前川で私が爆釣したポイントへGO!

ここでもDUNK投げる。あんまり深くないからボトムごりごり。すると、明らかなんかの魚体に当たった感触! なんかおるな〜と見越してもう一回同じ場所にキャスト……すると、激しくラインが飛び出る飛び出る(笑) はい、出ました。毎度お馴染みのスピニングのバックラッシュ。もう恐ろしかった(笑)DUNK遠くにあるし、防寒はしてても冬の寒い中でラインほどくのしんどッ(笑)30分以上は格闘してたんじゃないですかね。最終的にはライン引っ張ってブチブチちぎった(笑)べ、別にイライラしたとか、そんなんじゃないし。

釣具屋さんに行っても私が愛用してるGT-Rのクリスタルフロロがなかなか置いていないので、R-18白箱の4lbを使用しています。このラインも柔らかくて好きなんだけど、バックラッシュ起こす頻度はクリスタルフロロの方が圧倒的に少ないんだよね。めちゃくちゃ柔らかいフロロなんですよ。おススメ。

ちゃんとDUNKも回収して、ちゃんともっかい付けなおしてリトライ。ゆっくり巻き巻きしてると、なんか柔い感覚。『ん?』と思って止めると、クンッ クンッ クンッて竿先とラインが動いてる! めっちゃテンションぶち上げの私!

『うおぉぉ! これが冬バスのアタリかぁ!』

と心の中で叫びながら思いっきりフッキング!

したけどすっぽ抜けました(笑)ひとりで『え?』とか言いながらキョロキョロしてた(笑)なんてかわいそうなヤツ。というわけで前川終了。

横利根川の水門裏

1日目に行った水門の裏を攻めてみました。水門が開いていて、めっちゃ水が流れていたので深いと見越して投げてみた。

たしかに深いは深かったんですけど、何にも反応なし。

丸堀池

ココは移動中にあった野池。ちゃんとバスが釣れている野池みたいです。結構前に一回行っただけの野池だったけど、今回は冬ということでリベンジ。

でも私はまたもや猛烈な眠気が(笑)せっかくの野池だったけど、私はひと休みしました。やっぴひとりで出陣。でも撃沈だったみたいです。

ラスト夕まずめは新利根川

流れ込みポイントへ。ここは常に生活排水が出まくっているポイントなので、ラストここに賭けてやってみることに。

相変わらずめちゃくちゃ流れ込んでる。しかもここ、3ヶ所(もっとある?)から流れ込んでいるので、超一級ポイント。実際去年もここでだいぶバラしました。

霞ヶ浦水系 利根川水系 釣行遠征1日目!~初秋のバス釣り~

2016.09.17

風がだいぶ強くなってきました。けど、とりあえず様子見ということで利刃投竿。そして対岸の木に引っかかりロスト…。悔しいのでナカタジグ投竿。そして対岸の木に引っかかりロスト…。何だかとっても悔しいので、もっかいナカタジグ(何個持ってんねん)投竿。そして対岸の木に引っかかりロスト…。

カンカンカン、しゅう~りょお~(笑)

まとめ

ありがとうございました(笑)結局ボウズでした(笑)冬のバス釣りって難しいなぁ。逆に場所が特定できれば、後は夏と一緒でその場所に投げればいいだけなので簡単かもしれませんが、そこにたどり着くまでが大変。シェードとかって目に見えるから探しやすいけど、深場とかウィードエリアとか実際投げて探らないといけないですしね。あ、あとは雑誌で勉強するとかね。

2018年の出だしもなかなかなスタートでした。去年よりは釣りたい(笑)

今年もよろしくお願い致します!(`・ω・´)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です