大人気のルアー達がフィールドで使われずに人気が無くなっていくそのワケを考察してみる




皆様こんばんは。YASUです。

今回は人気ルアー達の行く末を勝手ながら考察していきたいと思います。

※記事の内容として、転売やせどりをされている方にとっては不快な内容もあるかもしれませんので該当される方は下に進まない事をオススメ致します。。。

人気のルアーは発売と同時に完売されていたり、いつまで経っても手に入らなかったりしますね。

即完売のルアー、それなのに何故フィールドで使われないんだろう、、、って思った方はチェックしてみて下さいね。

一番の原因はネット上での転売行為の増加

ネットをよくチェックされている方はご存知かもしれませんが最近転売されている方が急増していますね。釣り業界、特にバスフィッシング業界はその影響が顕著に現れています。

今に始まったことでは無いですが最近では携帯が1台あれば誰でも簡単にでき、稼げてしまうのが要因の一つです。

新商品を買ってすぐにネットで売れば高値で売れる、確かにそんな簡単な稼ぎ方は他に無いですよね。

ネットでの商品相場が上がる構図

今回はルアーを例として簡単に説明します。

ルアーを転売目的の人が予約したり発売日を抑えて購入。即出品。

お店に行ったが買えなかった、又は買いに行けなかったけどどうしても欲しい人に高額で転売

&

相場が上がると予想した転売目的の人が購入、更に高値で転売し、相場が底上げされる。

たとえ高額でもどうしても欲しい!って人が購入する。

高値で購入したので無くしたり、傷付いたりするのが嫌で中々フィールドで投げられない。

結果全然使えずに優秀なルアーがBOX内で眠ってしまったり部屋で飾られる、又は売りに出される。といった構図になっていますね。よく稼いでいらっしゃる方はそんな事は関係なく使う事が出来るかもしれませんが貧乏バサーの僕としては、、。笑

商品相場が下がる構図

今度は反対にネットでの相場が下がる構図を簡単に説明します。

メーカーとしては商品が即完売になったので急いで再販準備

  再販

転売目的の人&釣り目的の人が購入する=売れている(実際に売れていますが)錯覚を起こす

だんだん飽和状態に近づいていく

   再販

飽和状態になってしまい大量に再販した商品が店内に売れ残る

 

ネット上で原価以上の高額で取引されていた商品の価値が無くなるので相場価格が下がる

 

ネット上でのルアー購入者が増える為

お店で全然売れなくなる=店内から姿を消す

といった構図になってしまっているのではないでしょうか。

ですが現に大量生産されて飽和状態になり、相場が一気に下がって消えてしまったルアー等は沢山あります。

当然、最初から釣り目的で買われたルアー等はフィールドで投げられますが、それ以外の多くのルアー達はこんな感じでネット上で売買され彷徨い続けてしまって実際に投げられるのは数ヵ月後、数年後だったりします。



最近のフリマ、オークションサイトの傾向

僕もメルカリやラクマ、ヤフオク等のサイトをよく探索しますがここ最近は本当に酷い。少しでも人気が高そうなルアーは発売日から既に高額で取引されています。限定商品ならまだしも普通の新商品まで。中古品を探しに行ったのに新着商品で出てくるのは『新商品!!新品未使用!!』の言葉ばかり。

もはや限定商品だけが高値で取引される時代では無くなってしまいました。

インターネットの普及だけでなくアプリが進化し更に簡単に出品や購入ができるようになったのも要因の一つですね!ブログやyoutubeなどの動画配信サイトでも個人が簡単に投稿できるようになり、釣り好きの方は勿論ですが釣り自体に興味がなくても転売できる商品を探している人が目をつけ易くなってしまっているのも現状です。

バス釣り等は特に発売されてスグ使わないと魚がスレて釣れなくなってしまうイメージが定着しているので高額商品でも買ってしまう人がいるんですよね。一時の流行品は高く売れるのでしょう。ずっと変わらず根強い人気の物も勿論ありますが、、。

どうしても欲しいケド安く購入したい方は再販される商品であれば2回目、3回目の再販でかなり相場が安くなったり、お店で買えるチャンスも増えるので我慢した方が賢明です。

そもそも転売行為は違法?

正直、現時点では転売の線引きは【グレーゾーン】です。ですが最近ではニュースで取り上げられるほど転売する人が急増し、比例して問題も多くなってきていますので、消費者側から問題とする意見が益々増えてくれば規制がより一層厳しくなったり法的に罰せられる日も近いと思われます。

限定品でもない商品を明らかに収益目的で大量購入、転売を繰り返す行為を行っている人は既にサイトの運営側や警察のリストに登録されてる可能性もゼロでは有りませんよね。

違法、違法じゃないの線引きはともかく中古商品がメインであるはずのフリマやオークションサイトに原価超えの新商品が大量に出回っている時点で異様な光景ですケド。。

賢い中古品の選び方

正直、上記で説明した様にフリマサイトやオークションサイトで釣具を買うのはあまりオススメ出来なくなってしまっています。原価を上回る商品が大半を占めているのもありますが、良心的な値段の商品がよく目立つので、競争率が激化している為です。

オークションサイトでも開始価格が1円だったり格安な金額で開始されていると思いきや競争率が跳ね上がり最終的に落札価格が相場より高くなってしまったり、、なんて事も多々あります。

また、基本的に全体的に相場が上がっているのでちょっとでも安い商品があるとつい買ってしまう、といった心理的要素もあるので注意が必要です。色々調べてみると、実は既に再販されていてお店に行けばあるのに原価より高い値段で購入してしまった、なんて事例も少なくはありません。

勿論、良心的な値段(中古品、新古品として)で販売されている出品者の方もいますので、商品価格帯について把握できていれば利用すれば賢いお買い物ができますね。

フリマやオークションサイトで安く買う

どうしてもフリマやオークションサイトで買いたい方は検索の際に上限金額を入力すると時間短縮になりますよ!視覚的に見えなくすれば買って後悔する事も無くなります。どうしても商品が見つからない場合は上限金額を少し上げてみましょう。良心的な値段で販売されている商品も見つけ易くなります。

また、オークションサイト(例えばヤフオク)ではフリマモードがあるのでこれで探した方が意外と安い商品が見つかります。どうしても早く売りたい人が即決価格を決めてオークションを行っている場合もありますので絞込み検索で探してみるのも良いでしょう。

オークションアプリ『ヤフオク!』はこちらからダウンロードできます。

とは言ってもこまめにチェックしている方はかなりいますのでせっかく『あった!!』と思っても即売切れになってしまったりする事も。。

早く買わないと売り切れる!と思ってついつい高い商品を買ってしまった方も多いハズです。

やっぱり釣具店の利用が一番

結局、最後に行き着いてしまうのはココなんですね。笑

正規釣具店の中古販売や中古釣具専門店で買えばよっぽどの事が無い限り原価以上の商品を買ってしまう事はありません。昔流行っていた新品状態の商品や限定商品等にも出会えるので定期的に行けばいい出会いがありますね。

通販で中古品も取り扱っている釣具店もあるのでこまめにチェックするのが吉です。また、買い求める物がリールであれば少し高くても釣具店の店頭で買うことをオススメします。ネットで購入すると想像以上に傷が入っていたり、巻感が悪かったり等トラブルが絶えません。

最近飛ばなくなってきたから売ってしまおうか、、って理由で売りに出す方がいてもおかしくは無いですよね?もちろん、『飛ばなくなったので売ります!』なんてバカ正直に書いてしまうと売れなくなるので『個人的感想ですのでノークレームノーリターンでお願いします。』なんて言葉がサイトでは定型文みたいになっていますね。笑

売りに出すリールをしっかりメンテした状態で売る仏様のような方はごく少数です。

正規店であればある程度はメンテしてから店頭に並べますし(全てのお店がやる訳でも無いようですが。。)実際に手でとって状態を確認できるので安心です。リールやロッドは中古品とは言え高い買い物なので特に注意して買った方が良いですよ!

リサイクルショップ等で探す

リサイクルショップ等で釣具等の販売スペースがあるお店は、、良い点もあれば悪い点もあります。

いい点は相場より安いモノが手に入る可能性が高い、といった点です。釣具店の中古販売だと店員さんも目が肥えているので金額設定はかなり正確です。

リサイクルショップの場合だと金額設定にムラがあるので安く買える可能性も上がるという事ですね。最近では相場検索が簡単に出来るようになってしまったのでネット相場寄りになってしまうお店も多いですが。

悪い点として、安く買える可能性も上がる分、高くなる可能性も上がるという所です。酷い場合、ネット相場よりも高い値段で販売されている物も多々あります。売れなくてもなかなか値段が下がらないお店も多いです。

ですが思いがけない素敵な出会いもありますのでリサイクルショップはオススメしておきます。釣具以外にも沢山見れるのもイイですね!

新商品をお店で買う

そうする為には情報をいち早く仕入れておく必要がありますよね。お店の店員さんと親しくなれば『実は、、、ゴニョゴニョ。』って教えて下さる方もいますが全ての方がそうとは限りません。近所ですぐ行けるお店であればメルマガに登録しておけば前日に入荷事前通知が来たりしますのでどうしても欲しい場合、根気よく並ぶのもアリです。

新商品だけでなく中古品も取り扱っているお店も多いのでまだ見ていない方はこちらの記事もチェックしてみて下さいね!

釣具店って結局どこが安いんだろう、関東周辺の大型釣具店を比較してみる。

2018.02.03

Amazon等でも新発売当初は商品が残っていたりしますのでチェックしておいて損はありません。

Amazonで検索してみる

ちなみに僕はヤフーショッピングや楽天も全て検索しています。どれか1サイトが当たったりする事もあるので必ずチェックしましょう。

ヤフーショッピングで検索してみる

 楽天で検索してみる

 

まとめ

同じ転売という行為であっても、本当に苦労してやっと手に入れた限定品や人気の商品を高値で売るのは悪い事だとは思いません。

どうしても嫌悪してしまうのは当たり前のように簡単に入手した新商品を倍以上の値段で転売している方達です。本当に釣りで使いたい人達の元に届かずにネット上を彷徨い続けてしまっているのは大変心苦しいですね。メーカーさんやビルダーさんも魚を釣る為のルアーを開発しているのに『新品!未開封!!』のルアー達がネット上で高額で売買され続けている事に憤りを感じている事だと思います。

せっかくの優秀なルアー達は定価で買えて塗装が剥がれるぐらい投げ倒して、沢山の魚との出会いを作って欲しいものですね!!

半分愚痴の様になってしまいましたが、、最後まで読んでいただき本当に有難うございます!

この記事が、釣りが大好きな方達だけに読んでもらえる事を願っています。

 

それでは皆さま、良い釣りを(´◡`)








伊藤巧も愛用中!
車中泊専用マット

釣りビジョン・ルアーマガジンで話題沸騰中の『車中泊専用マット』。釣りだけでなくキャンプなどのレジャーシーズンにも超おすすめです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

Basser's Note管理人、YASU(旦那)です。WAKA(嫁)と二人で関東地方を中心に、川、野池などおかっぱりで釣り歩いています。ワケあって約10年のブランクを経て復帰しました!なんでも釣りの事に繋げてしまう変態アングラーです。 釣りに関する便利な情報や釣り以外でも、暮らしに役立つ情報があれば配信していきたいと思います。