バス釣り初心者におすすめのスピニングリール&ロッド! 安いタックルでも十分にバス釣りはできる!




こんにちわ、Basser’s Note(バサーズノート)管理人のWAKA(若葉)です☺!

今回は初心者さんに向けたおすすめタックルの紹介をしてみようと思います!

先日お問い合わせをいただいたので、回答も兼ねて記事にまとめてみました。YASUじゃなくて敢えて私が書くっていう(笑) 今から約3年前に釣りを始めた頃使っていたタックルを思い出しながら書いていきますね。

まだまだわたし自身釣りはうまくないのですが、はじめて釣りをしたときの感覚とか戸惑いに関しては、事細かにお伝えできると思います(笑)

技術面に関しては、私なんかが説明するよりも分かりやすい動画がたくさん出ていますので、合わせてご紹介していきますね。

それでは前置きはさておき、早速行ってみましょう!

初心者にはスピニングリールがおすすめ

まずコレはもう声を大にしてお伝えしたいところなんですが、たっかいロッドやリールを揃える必要はありません

比較的安いロッドやリールでも、十分にバスを釣ることができます

ちなみに私が最初使用していたロッドやリールを紹介しますね。

スピニングリール

私は最初、スピニングリールだけしか持っていませんでした。というのも、初心者さんはスピニングだけで十分に釣りが楽しめちゃうからなんですね。

スピニングリールってこんなやつです。

出典:シマノ公式サイト

シマノさんのサイトが分かりやすかったので、お借りしました。コレはスピニングで調べて一番上に出てきた商品たちなんですが、お値段がピンキリです。

左の『ステラ』は平均8万円くらいしますが、右の『サハラ』は1万円もしません。正直初心者さんは、『サハラ』くらいのスピニングで十分釣りができます。

私が今も愛用しているスピニングリールはアブガルシアの『Abu Garcia CARDINAL STX2000S』。コレなんと6,000円くらいのリールです(笑) 安いんですけど、バス釣りを始めてから使っているので3年くらい使っています。

これは初心者あるあるかもしれませんが、「スピニングリールって高いやつと安いやつで何が違うの🤔?」っていうのが本音だったりします(笑)

説明されると「あぁなるほど😳」ってなるんでしょうけど、私にはそこまでのこだわりはないので今のスピニングリールで満足しているし、何てったってデカバスも釣れてるんです!

ついに多摩川で50upを捕獲! バス釣り初心者がデカバスを釣り上げた!

2016.07.30

こちらの記事に詳しく書きましたが、人生初の50アップはこの『Abu Garcia CARDINAL STX2000S』でゲットしました! 最高に良いバスでした!

あと出来れば中古屋さんでもいいので、実際に手に持ってみることをおすすめします。手のフィット感とか重さとかがリールによって異なりますので、馴染むかどうか、違和感がないかを確かめるといいかも。

海釣り用のリールもあるので、間違えないように選びましょうね。

スピニングリール選びのポイント
  • リールはお値段と好みで決めてもOK
  • そこまで高いリールじゃなくても十分に使うことが出来る!

スピニングリールは『ナチュラム』という通販サイトが品揃え豊富です。あわせてどうぞ! 有名なシマノやダイワ、アブガルシアなどのメーカーの商品が豊富に揃っていますよ。

スピニングロッド

すでに熱く語りましたが、そんなスピニングに合うロッドが必要になります。

ロッドに関してはリールとメーカーを揃える必要はありません。例えば、リールは『ダイワ』を買ったからロッドも『ダイワ』にしなくちゃいけない……なんてことはないので大丈夫。コレなぜか私のお悩みポイントだったので、書かせていただきました(笑) でも実際みんな揃えて買っている人が多いんじゃないかな。

ロッドの選び方ですが、ロッドには2種類あります。スピニングリール用ベイトリール用です。こちらの写真を見てください。

こんな感じで、突起のようなものが付いているのはベイトリール用です。付いていないのがスピニングリール用。このことを知ったのは割と最近(笑)

今はスピニングリールのお話をしているので、突起の付いていないロッドの紹介をしていきますね!

私が初心者当時に使っていたロッドは、アブガルシアの『Abu Garcia Bass Beat BBS-642L』というロッド。こちらは残念ながら生産終了となってしまったロッドですが、壊れるまで愛用していました。

【11月】ついにやってしまいました…。秋の埼玉野池編!

2017.11.04

このロッドは非常に先が柔らかく、ワームを動かすときにとてもイイ動きを出してくれていました。

ワームとは、ソフトルアーと呼ばれる柔らかいルアーです。バス釣りするには必要不可欠で、様々な形のワームが存在します。スピニングでは主にこのワームを使用することが多いです。繊細な動きを出すために、ロッドの先は柔らかい方を選んだ方がいい動きをしてくれますよ! 

実際中古屋さんなどで手にとり、重さや先の柔らかさを確かめてみるといいかもしれません。私もロッドが壊れてしまって、新しいロッドを買うときは中古屋さんに行って実際手に取ってみて、持ってみた感触やぷるぷる動かしてみて、先がよく動くかどうかで決めました。

ちなみにロッドには硬さがあり、UL・L・ML・M・MH・Hといった表記がロッドの持ち手の部分に書かれています。上から順番に、

  • UL:ウルトラライト
  • L:ライト
  • ML:ミディアムライト
  • M:ミディアム
  • MH:ミディアムハード
  • H:ハード

となっており、ULが一番柔らかく、Hが一番硬いです。私が当時使っていた『Abu Garcia Bass Beat BBS-642L』はULだったので、すごく先が柔らかかったです。

ちなみに今使っているスピニングロッドは、JACKSONの『TRICK STAR』です。今は『SUPER TRICK STAR』の方が出回っているのかもしれませんね。『TRICK STAR』の「L(ライト)」を買ったので、以前のロッドよりは硬い感じはありますね。

硬さ以外にも『調子』だったり『ソリッドティップ』や『チューブラーティップ』等ムツカシイ単語もありますが今回は置いておきますね。

いろいろ喋ったので、ロッドの選び方についてまとめてみましょう😆

スピニングロッド選びのポイント
  • スピニング用の突起の付いていないロッドを探そう。
  • ワームに動きを付けるために、先の柔らかいロッド(ULやL)を選ぼう!
  • ワーム以外にもプラグ(ハードルアー)を投げたい人は少し硬めのロッド(MLやM)を選ぼう!
  • デザインはメーカーによって違うのでお好みで。フィーリングは大事。

ちなみにスピニングロッドもやっぱり【ナチュラム】が豊富に揃っていますので、あわせてご覧ください。



初心者におすすめのライン

リールをロッドについてお話ししましたので、次にラインについてお話してみようと思います。

ラインとはブラックバスを釣り上げるために欠かせないもの。結構慎重に選んだ方がいいかもしれません。せっかく食ってきても、ラインが切れてしまったらどうしようもありませんからね。

ちなみにラインには種類があります。

  • ナイロンライン
  • フロロライン
  • PEライン

この辺は使う人の使い勝手や好みもありますが、私はスピニングリールにフロロラインを巻いています。

特徴を簡単にまとめると、ナイロンは伸びやすく沈みにくいので、ハードルアーに向いています。(※遠投するとラインが伸びてアタリが取りにくいので近距離向けです。)フロロは伸びが少なく沈みますので、ワーム系の攻めに向いています。底を取るスタイルの釣りをするのであればかなりおススメです。PEは浮くのでトップの攻めに向いていますが、水を吸い込みやすいです。

これまでにいろんなラインを試してきました。というのも、種類がめちゃめちゃ多いんですよね。正直覚えきれません(笑)

でもいろんなラインを試してきて、最近ようやく同じラインを固定して使うようになってきました。いろいろチャレンジしてみた当時の記事はこちら。

バス釣りにはナイロン?フロロ?PE?初心者がラインについて語る(笑)

2016.09.07

この記事はバス釣りをはじめて半年くらいたって書いてみた記事です。それまでにも実に数種類のラインを試しています。実際店員さんにもアドバイスを貰って、最終的に今は同じラインを使い続けています。

ライン選びのポイントについてですが、私の中でいくつかあって、まずラインの太さ。スピニングリールに巻くラインは、私は細めのラインを巻くようにしています。実際今巻いているラインも4lb(ポンド)とかなり細いです。

細いラインだとシンプルにスピニングリールに巻ける長さが増えるということと、ラインが細いほどバスからラインの存在がバレにくいということが挙げられます。

ラインって結構丈夫なんですが、やはり細いほど切れてしまいやすくなるので注意は必要かもしれません。消耗品にはなるので出来るだけ節約したいところですが、安いラインを使っていた旦那がブチブチ切らしていたので、私は避けています。

ちなみに私が使っているラインの紹介です。私が今スピニングリールに巻いているラインは、GT-Rの『CRYSTAL FURORO』の4lbになります。

画像で見るとこんなラインです。赤いパッケージが目印。店員さんにおすすめされたものです。

このラインの一番の特徴はその柔らかさだと思います。柔らかいラインだとまずライントラブルが起きにくい。ライントラブルが起こると、解くのにかなりの時間を費やしてしまうので、肝心な釣りが全然できません。

私も未だにライントラブルは起こりますが、このラインに変えてから圧倒的にトラブルの回数は減りました。

そしてこのライン、4lbを巻いていますが未だに切れたことがないんです。ラインが切れてしまうのは、本当に致命的。バスが逃げようとして石でごりごり擦り切れてしまうのは正直しょうがないと思いますが、引っ張り合いで切れてしまうことだけは避けたいところです!

初心者さんからすると「4lbって細いから心配…💦大丈夫かな…😥」と思う方が多いと思いますので、最初は7~8lbあたりからスタートしてみてもいいかもしれません。私は最初8lbからスタートしました。細いラインは不安だったから無難な太さを選んだんです(笑)

それではポイントについてまとめてみましょう!

ライン選びのポイント
  • ライン選びは重要!
  • 節約はしたいけど、安ければいいというものでもない。
  • スピニングリールに巻くなら細めのラインがおすすめ。
  • 硬めのラインだとトラブルが起きやすい!

ちなみに釣り歴の長い旦那が書いたおすすめライン記事はこちら。合わせて参考にしてみてくださいね。

バスフィッシングはラインが命!?ナイロン、フロロ、PE個人的オススメ紹介。

2017.11.25

スピニングの使い方がよく分かるおすすめ動画

それでは初心者さんにおすすめの動画をいくつかピックアップしていこうと思います。

まずはリールにラインを巻く方法が分かりやすくまとまった動画です。

こちらはPEラインを使っているようですが、どのラインを使ってもこの方法でOKです。

次に針(フック)とラインを結ぶ方法の動画です。

私もこの結び方ですが、すごく簡単なので初心者さんにもおすすめ!

次にスピニングのキャスト方法ですね。

私もよく見ている『Kのフィッシングちゃんねる』のKさんの動画です。Kさん釣り上手なので、めちゃくちゃ釣ってますよ。たくさん見て勉強してみてください✨!

まとめ

最初知識がないうちは何を買えばいいのか、どんなものを使えばいいのか分からなかったのですが、たくさん釣りに出かけたり、バスが釣れて来ると、「こんなのが欲しい😄」「次はコレにチャレンジしてみよう🙌」など自分のやり方がどんどん見つかってきて楽しくなってきます

今回はスピニングリールのみのご紹介でしたが、慣れてきたらベイトリールにも挑戦してみてくださいね! スピニングで投げられないハードルアーを投げることができるのですが、すごく楽しいですよ。

ただベイトリールは使い方にちょっとコツがいりますので、練習あるのみです! カッコイイベイトリールなら旦那が特集記事書いているので、あわせて読んでみてください。

【バス釣り】ベイトリールを見た目だけで選んでみる。

2017.12.02

また記事の中でも紹介しました【ナチュラム】は、いろんなアウトドア商品や釣りの道具が揃っているので非常におすすめ! セールもしょっちゅうやっているので、ぜひぜひお得に買い物しちゃってくださいね。

素敵な釣りライフを( ^^) _🍵







釣具を安く購入したい方必見!
おすすめアプリ『ヤフオク!』

YASUも愛用中のヤフオク。掘り出し物のルアーやタックルが安値で手に入っちゃいます。みんなもヤフオクでGETしよう!





伊藤巧も愛用中!
車中泊専用マット

釣りビジョン・ルアーマガジンで話題沸騰中の『車中泊専用マット』。釣りだけでなくキャンプなどのレジャーシーズンにも超おすすめです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Basser's Note 管理人、WAKABA(わかば)です。YASUAKI(旦那)と一緒に、関東を中心にのらりくらりと釣り&旅を楽しんでいます。 虫&早起きが苦手な釣女(笑)よろしくおねがいします!